七色の幻想曲

AFO、シルバーレイン、ソーンのPC日記。PCの日常が書かれています。不定期掲載。本ブログは「冒険日記」へどうぞ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

白鳥のウインダー

私はライア。白鳥のウインダーで、いわゆる魔女になるのかしらね。この世界に息づいている、四大元素の力を使う魔法が一番得意よ。

魔法と同じぐらい得意なのが、色々な薬を作ることだわね。毒薬だって作り出せるわ、材料があれば、の話だけど。普段は色々な薬を作ってそれを街で売ってお金にしているのよ。

よく言われるけど、弟が真っ黒な蝙蝠のウィンダーで私が真っ白な白鳥のウインダーだから、本当に姉弟なのかとよく聞かれるわ。
本当に失礼な話よね、外見が対照的でも、私達はれっきとした姉弟だわ。父が白鳥のウインダーで、母が蝙蝠のウインダー。それだけのこと。

弟の名前はレイジュ。私の大好きな弟だわ、あの子がいないと、私は生きていけないもの。ちょっと後ろ向きなところがあるけど、芯は強い子だわ。


私達の住む、蝙蝠の城へ、足を運んでみるといいわ。私達姉と数人の召使いが住むにはもったいないぐらい、大きくて古いお城。朝は深い霧の中に、夜は闇夜の中に溶け込む神秘的なお城なのよ。

闇夜の森に入り、蝙蝠達の導くままに進むといいわ。いずれ、目の前に月明かりに照らされた蝙蝠の城が姿を現すでしょう。途中で、森の猛獣や妖魔達に命を取られなければ、ね。

城へ辿り着いたら、きっと弟が招き入れてくれるはずよ。どんなお客さんでも、もてなしの心を忘れないと、父が弟に徹底的に教え込んだから。でも、厄介なお客さんは遠慮したいわね。私達は静かに暮らしたいのよ。

ただし、お城の地下には要注意。地下には墓地があるの。代々のご先祖様が今も眠っているわ。もしかしたら、いまだに死にきれないご先祖様が、地下墓地に入った人に襲い掛かるかもしれないわね。

そのさらに下に、どうも階層がもっとあるようなのよね。暗い場所なので、鳥目の私には難しいけど、一体、何があるのかしらね。
スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記

ライア・ウィナード | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<僕の夢 | HOME | 蝙蝠の城の城主>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。