七色の幻想曲

AFO、シルバーレイン、ソーンのPC日記。PCの日常が書かれています。不定期掲載。本ブログは「冒険日記」へどうぞ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

たった一度だけ

自分の非力さを嘆いて、手にしてはいけない力に触れた男がいた。その男には家族がいたが、自分の力の無さはその家族の存在すらも掠めてしまった。自分を憎み、傷つけ、生命までもが削られていくことに気付きながらも、手にしてはいけない力を手放すことはしなかった。

ある晩、男は一人の少女と出会った。歳の頃はその男と同じ位であろう。自分と同じ様な境遇のその少女とその男は、いつしか惹かれ合うようになった。自分の力のなさを嘆いていた男が、その少女の前では笑顔を見せる様になった。


けれども・・・。


幸せは長くは続かない。


もし、男の背中にあるのが角ばった黒い翼でなく、あの青い空を羽ばたく鳥の様に真っ白な翼であったら、あの少女と別れる事はなかったかもしれない・・・。



この黒い翼が憎らしい。この翼を失ったら、僕は彼女に会いにいけるのか・・・それとも、人々が言った様に、一生を暗い闇の中で過ごすのか・・・。




答えは、未だに、見つからない。
スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記

レイジュ・ウィナード | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<たった一度だけ(BlogPet) | HOME | 山脈(BlogPet)>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。