七色の幻想曲

AFO、シルバーレイン、ソーンのPC日記。PCの日常が書かれています。不定期掲載。本ブログは「冒険日記」へどうぞ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

大書庫

私の家には、凄く大きな図書室があるのよ。

ウィナード家は、昔からこの周辺の領主であったわ。そして、本好きの家系であったので、難しい機械や魔法の本、はたまた誰かの自伝や児童向けの本まで、色々な本がある。
先祖代々、面白そうな本を見つけては買ってくるから、うちの書庫は本でいっぱい。
あまりにも多くて、しかもものぐさな一族だから、整頓がまるでされてないのよ。もう、バラバラに本が山積みになっている状態なのよね。

今度、皆で本の整頓をしようと思っているところよ。

ところで、集めた本の中には、いわゆる禁書とされているものもあるわ。そういうのは地下の書庫にこっそり封印してあるらしいの。どんなことが書いてあるのか、もしかしたら本自体に怖い仕掛けや呪いがかかっているかもしれないけど、見てみたいわね。

我家は、地下にも墓地があったり、禁書の書庫があったり、変な家よね。昔の人が、それの暗い感じを比喩して「蝙蝠の城」と呼ぶようになったのも、何となくわかるような気がするけれど。
スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記

ライア・ウィナード | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<まっしろ大地 | HOME | 冒険したかった(BlogPet)>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。