七色の幻想曲

AFO、シルバーレイン、ソーンのPC日記。PCの日常が書かれています。不定期掲載。本ブログは「冒険日記」へどうぞ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

真夏の蝙蝠

海辺に来ているのは、ライアが書いた通り。そして、僕が弱っているのも本当の話。

何も望んで蝙蝠に生まれたわけではない。昔話に、鳥と獣が戦争を起こし、鳥と獣の両方の特徴を持った蝙蝠は、双方に良い顔をし、結局どちらからも仲間外れにされた、というものがある。

それに加え、吸血蝙蝠だと恐れられたり、悪魔の使い魔とされることさえある。黒い体と、闇の中で生きる事があまり良いイメージを生み出さないのかもしれない。

・・・僕は、蝙蝠である事が、嫌で仕方がなくなる時がある。自分自身が嫌いになる瞬間だ。原因は蝙蝠である事だけではないが・・・。

よく、姉と似ていないと言われる。僕の場合、父が白鳥で母が蝙蝠であった。しかし、母はあまり蝙蝠である事を気にしていないようで、元気にやっていたと思う。僕が気にしすぎなのかもしれないが。


せめて、光り輝く太陽の中で生きるにふさわしく生まれつけば、良かったものを。
スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記

レイジュ・ウィナード | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<いよいよ来月 | HOME | 七色の海でワンダフルー!>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。