七色の幻想曲

AFO、シルバーレイン、ソーンのPC日記。PCの日常が書かれています。不定期掲載。本ブログは「冒険日記」へどうぞ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

かつての蝙蝠の城

両親が生きている頃・・・いえ、今だって体だけは生きているけれど、両親が元気だった頃、蝙蝠の城は今よりももっと華やかで賑やかだったわ。使用人ももっと沢山いて、弟も皆に可愛がられて楽しそうだった。

蝙蝠のウインダー、母のリルカ・ウィナードは子供が出来ても色気の漂う子悪魔みたいな女性。血の様に真っ赤な長い髪の毛をまとめて、そこに宝石類を沢山飾っていたわ。弟がコンプレックスを持っている蝙蝠の翼もまるで気にしておらず、むしろ女を際立たせる最高の翼だといつも自信に溢れていた。
魔法の薬を作るのが得意で、私の知識も母から教わった物がほとんどよ。いつも綺麗にしているから、町でも男性に声をかけられて・・・たまに誘いに乗っては、自分には最高の家族がいるのごめんなさいね、とからかって遊んでいたみたいね。

白鳥のウインダー、父のロウサー・ウィナードはまるで大天使様の様な姿。金髪の長い髪、立ち振る舞いも優雅で、本を読むのが趣味。私と弟の本好きは、父親譲りなのね。だから、蝙蝠の翼を持ったちび蝙蝠のレイジュと遊んでいる時は、あまり外見が似てなくて親子とは思えなかったそうよ。
のんびりした性格で、あまり怒ることはなかったわね。怒るのはいつも母親の役目・・・ってのは、どこの家庭でもいっしょかしら。昔はレイジュがよくイタズラをしたから、おしおきするのも母で、父はいつもそれぐらいにしなさいとなだめていた。

恵まれていたのね。両親に守られて、沢山の使用人に囲まれ家は豊かだった。今は咲かない庭園の花も、きっと元に戻ると信じている。

弟の笑顔も、きっと戻るわ。きっと・・・。
スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記

ライア・ウィナード | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<夏休み終了 | HOME | 紹介しなかった(BlogPet)>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。